大川家具の歴史と、榎津指物の起こり

ーーー前の投稿の続きーーー

ー大川家具の歴史と、榎津指物の起こりー

江戸時代後期になると大川には舟大工100名、榎津指物の流れを汲んだ指物師80名が腕を競って、木造船や、建物、建具、組子、欄間彫刻、そして家具調度品を製作していました。

この頃田ノ上嘉作が文化9年[1812年]に榎津長町に生まれました。

彼は職人として修行を積みますが、は18歳の頃、大阪で指物の細工を学んだ、優秀な指物師が久留米にいると聞き、直ぐに弟子入りをした。その技術を学んで大川に持ち帰り、今までの榎津指物に箱物技術を加えて新しい箱物家具を作り始めました…。

この技法は子の儀助、更に孫の小平次へと伝承されました。これが榎津箱物の始まりと言われています…。

更に、嘉作の死後、もう1人の孫に当たる田ノ上初太郎が家業を継ぎ、16歳で嘉作の名を名乗るまでになった、彼は長崎の唐木指物の細工技やオランダ家具の技法を学び、榎津指物に新しいこれらの技法をとりいれて榎津指物をさらに確かなものにしていった。

小降りの桐たんすも作ったようで、大牟田の『T氏』宅にこの2代目嘉作の桐箪笥がげんざいも残っている。

又、嘉永6年大川で創作された製作年号入りの桐たんすが、大川市の管理のもと、学術調査を行った後、保存されている。

 

ーーー後に続くーーー


2018-10-27

桐里工房へのお問い合わせ・サンプル・資料請求

《お願い》
・製品の仕様は製品改良のために予告なく変更することがありますのでご承知ください。
・カタログに掲載されている製品の色調が実物と多少異なる場合がありますので予めご了承ください。

上へ