本物の桐たんすと、桐たんすの歴史

永いこと、桐たんすの製造を行い、伝統的な本物のと呼ばれる桐たんすだけを作って、106年の月日がながれて行った。

 

もうそろそろ、4代目にあとを任せて引退したしところです。

 

この地大川は、前の戦争の前までは、七割が桐だんすを製作していました。

大川の桐だんすは、製造される場所によって呼び名がありました。

例えば、大川の榎津地区で作られた桐たんすは榎津物で、郷原物や、本木物という呼び名で別けてありました。

 

大川の桐だんすの歴史は古く、江戸時代後期に製作された桐たんすが保存されています。

 

 

したがって桐たんすの発祥はこの大川からと考えられています…。

 

はてなブックマーク - 本物の桐たんすと、桐たんすの歴史
[`yahoo_users` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]

2017-10-20

桐里工房へのお問い合わせ・サンプル・資料請求

《お願い》
・製品の仕様は製品改良のために予告なく変更することがありますのでご承知ください。
・カタログに掲載されている製品の色調が実物と多少異なる場合がありますので予めご了承ください。

上へ