大川産桐たんす

四季彩大川市で製作された桐たんすは、現在でもかなりの数が残っています。

大川家具の原点が桐たんすなのです…。

大正時代から昭和初期には大川の6割以上が桐たんすを製作しており、榎津物、郷原物、本木物と呼んでランク分けされていました…。

 

各々の、桐たんす職人と、雑木(楠木や欅等の広葉樹の事)たんす職人が大川独特の技法で、手作りの中で盛んに腕を競っていました。

 

はてなブックマーク - 大川産桐たんす
[`yahoo_users` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]

2017-09-03

桐里工房へのお問い合わせ・サンプル・資料請求

《お願い》
・製品の仕様は製品改良のために予告なく変更することがありますのでご承知ください。
・カタログに掲載されている製品の色調が実物と多少異なる場合がありますので予めご了承ください。

上へ